FC2ブログ
子どもを信じること
2016 / 06 / 27 ( Mon )

            信じること

          つい最近まで 中学校から 9年間

          ひきこもっていた 青年と話しました

          ひきこもっていた間

          青年は あまり考えることもなく ゲームをしていた

          と 話し

          それでも、  「自分を信じていてくれた人がいた」

          と 言っていました

          ひきこもりから出てみたら

          やりたいこと ができて

          友達がすごい勢いで増えました

          と話してくれました  

          +゚。*(*´∀`*)*。゚+
          



         信じること

          どんなことも  必ず 乗り越えられる    そう 信じること

          子どもの人生にとって 無駄なことはない

          ひきこもることも エネルギーを充電している大切な時期

          子どもが ひきこもることを選び

          人生の 一コマとして  ひきこもりを生きている

          でも 必ず 「このままではいけない」 と感じ

          社会に 出ていくと信じる

          信じること  

          それがあれば  必ず 光が見えます


               たんぽぽより


         幸せの種まきができますように    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆








スポンサーサイト



06 : 50 : 32 | 子どものこころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<人の価値 | ホーム | ダンデライオンチーム練習>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tanpopowatage426.blog.fc2.com/tb.php/299-77adcaa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |