FC2ブログ
ギフテッドについて
2015 / 04 / 23 ( Thu )

        ギフテッド  ~子どもの才能~

       ギフテットとは?

        昔は、IQ130以上を基準だったらしいのですが、
        現在では、IQだけでは知ることができない
        知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、
        特定の学問分野で高い達成能力を持ち
        その能力を十分に発達させるために
        学校以上の教育と活動を必要とする
        人のこと。
        
        学業ばかりでなく、スポーツや芸術面での才能に
        優れていることが多い。
        
        年齢のわりに語彙が多く、
        記憶力・集中力が非常に高く、すぐに物事を学ぶことができる。

        刺激に対する並ならない反応(OE Over-Excitabilities 過度激動)
        神経の感受性が増すことによって通常の人間よりも刺激を生理的
        に強く経験する性質。
        他者が気づかない音や光、触感などの刺激
        から、不安になったり、興奮したりする。
        この思考と感受性の高さが、教室などで問題行動として
        現れることがあります。

        知的発達の違いから、同年齢の子供との交流が
        難しく感じられる場合があります。
        周りの子供達が理解に苦労している概念を、
        すでに習得しているギフテッドチャイルドの振るまいが、
        他人を受け入れないように見えるかもしれません

        自閉症スペクトラムとよく似ているが、
        ギフテットは障害ではない。
        (障害を併せ持った2Eの人もいます。)

        勉強ができるだけが、ギフテッドではない。
        学校の評価は、悪い場合がある。
        (物理学者のアインシュタインは、
        小学生のころ算数は1だったとか)

        また、一般社会的な生き方から破滅的に離れることで、
        精神病や自殺を引き起こす可能性もあるが、
        一般的な受身の人生から積極的に離れ、自分から更に高いレベル
        の生き方を求め、独創的な生き方をする人もいる。
        しかし、その過程は、緊張、不安、気分的うつ、恥、罪悪感といった
        精神的苦痛を伴う。
        精神的苦痛は、心理的により高いレベルへ成長するために必要
        であり、その深い感情作用を最大にもたらすものはOE(過度激動)である。

        たとえば高い知覚性OEを持つギフテッドは、外界からの刺激に対して
        非常に敏感で、五感のいくつかが働きすぎて作業に集中できないため
        混雑や混乱した環境を避けようとする。
        一方、知覚性OEが低く、妨害をすべて遮断して作業や思考に集中でき、
        むしろ五感への刺激が存在するど真ん中に身を置くことを好み、
        その状況下で上手くやっていけるギフテッドもいる。
        
        OEが強いほど、毎日の生活が強烈な体験となる。

        日本には、ギフテッド教育はない。
        自閉症スペクトラムと診断された人の中に
        ギフテットの人がいると思う。
        生まれた時から授かっている才能を伸ばす
        ギフテッド教育~必要ではないだろうか!?


                 たんぽぽより






        


        
スポンサーサイト
22 : 31 : 44 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
清掃活動
2015 / 04 / 21 ( Tue )

        4月21日(火)   

        わたげの広場がゆいぽーとであったので

        わたげの広場が始まり前(2:00~)に

        高校生2人と大人6人で

        ゆいぽーと周り (川沿いのところまで) の

        清掃活動をしました。

        とても良いお天気に恵まれ

        桜の花が風でひらひらと舞っていて

        気持ちの良いこの日

        いつもの清掃活動の時のゴミの量と

        比べると少なかったです。

        P1090337 - コピー
        たばこの吸い殻は多かったですが・・・

        P1090341 - コピー
         

        毎月 第3火曜日に 清掃活動を行っています。

                      たんぽぽより 




        
22 : 34 : 33 | こころ豊かにな~れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
それぞれのペース
2015 / 04 / 20 ( Mon )
    
     人には、それぞれ学習するペースがあって

     早い人もいれば

     ゆっくりな人もいます。

     興味があることも違うし

     やりたいことも違う

     考えてからでないと行動できない人もいれば

     何も考えず行動する人もいる。

     人 それぞれ  みんな違っていいのです。

     自分のペースで

     自分の生き方をすれば。



     だけど、

     学校や社会では、評価するんだよな~。

     その結果

     ゆっくり学ぶ人や行動が遅い人・

     学校の勉強に興味のない人は

     評価は低い・・・つまり 「だめ」ってことになる。

     人の価値は

     そんな評価では計れないと思う。

     その子その子のペースで

     じっくり学べる「学校」があればいいな~と思う。


          たんぽぽより






     

     

     

     

     

     

     

     
22 : 54 : 57 | 子どものこころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「学ぶ」ということ
2015 / 04 / 20 ( Mon )


      「学ぶ」ということは

      自分がやりたいことや夢に向かってする勉強のことで、

      学校や周りの人からの刺激で勉強することを

      「学習」するというそうです。

      子どもが

      周りの刺激でへとへとになるより

      自分のことを知り、

      どんな仕事をしたいか

      どんな人間になりたいかを考えて

      そのために学んでほしい。

      周りの人の期待に答えて

      良い成績をとるために勉強するのではなく

      自分のための「学び」をしてほしい。


      学校や親もそう考えてくれたらいいな~と思う。

      子どものために。


            たんぽぽより

         「普通の親ではない」のだそうだ私は・・・。

         誉め言葉だよね!?  
      

      

      
       

       
       

       

       

      
    

      

        

      
22 : 28 : 17 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
月曜日のみんなの居場所
2015 / 04 / 20 ( Mon )

        4月20日

        月曜日は、三滝にあるスマイル館にて

        みんなの居場所をしています。

        どなたでも参加できます。

        今日は、高校生1人・大人5人  計6人でした。

        パソコン操作を練習したり、

        お茶を飲んで、ボードゲームやトランプをしました。

        5月の第4週の月曜日は、

        「なるほどザ!マネー  保険のお話」

        ファイナンショルプランナーであり

        わたげの広場で数学を教えてくださっている

        先生が講師で、

        不定期で、お金について教えてくださいます。

        参加費はいりません。

        ご都合の良い方は、おいでくださいませ。

                   たんぽぽより




21 : 32 : 44 | ほっ!と一息 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
よう子先生のアートルーム
2015 / 04 / 20 ( Mon )
   4月18日(土)  14:00~

      よう子先生のアートルームを行いました。

      毎月 第3土曜日に 、

      絵の好きな人・工作の好きな人、アートの
        
      世界に浸りたい人・・・などなど、                 
       
      興味のある方はどなたでも参加できる
                 (年齢制限はありません)
      アートルームを開催しています。

      今回は、デッサンをしました。

          P1090331 - コピー
           高校生の作品

          P1090335 - コピー

          P1090329 - コピー
   
       ホッと一息できる時間を過ごすことができます。

       来月は、勉強会です。

       6月は、また絵を描く予定です。

       興味のある方は、お問い合わせくださいませ。

       070-5428-1127   尾原まで。

               たんぽぽより

      
      



      
21 : 18 : 25 | こころ豊かにな~れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たけのこを掘りに行きました!!
2015 / 04 / 20 ( Mon )

   4月18日(土)

     わたげの先生のお誘いで、たけのこ堀りをしました。

             P1090264 - コピー
              竹藪  

             P1090286 - コピー
              長く伸び筍は、そのままに。

              
             P1090278 - コピー
              ちょっと出ている筍の根元を掘って・・・取れました!!

             P1090291 - コピー
              大人も負けずに・・・

             P1090293 - コピー
              筍を半分に割り

             P1090310 - コピー
              みんなで皮をむいで

             P1090320 - コピー
              かまどでゆでて

             P1090321 - コピー
              柔らかくなりました。

         小学生3人・高校生1人・大人6人の10人の参加でした。

         楽しかったな~ 

         取れたての筍は、おいしかったで~す   

         W先生お世話になりました。

         ありがとうございました。

                         たんぽぽより






         
20 : 54 : 10 | こころ豊かにな~れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子離れ練習中
2015 / 04 / 09 ( Thu )


       子どもの個性を認められず怒ってばかりいました。

       子どもの声を聴かず、「しつけ」だと思って注意してばかりいました。

       自分の感情のコントロールができないくせに

       子どもがかんしゃくを起こすとイライラしていました。


       子どもの笑顔が消えました

       自己肯定感がありません。

       周りの子どもとうまく付き合えません。

       自分から動こうとしません。

       登校拒否が始まりました。

       
       子どもが小さいころにしていた私の子育て・・・

       子どもが学校に行きにくくなった頃

       それでも、学校に無理やり行かそうとしました。

       チックが始まり、片方の足の膝が曲がらなくなり

       杖をはなせなくなりました。

       ひきこもりにもなりました。



       「ごめんなさい。私の子育て間違っていました。」



        子どもの話を聞くことから始めました。

        毎日 1時間 1年間 聞き続けました。

        カウンセリングの勉強もしました。

        子育ての本をたくさん読みました。

        寄り添えるだけ寄り添いました。

        子どもを信じることにしました。

        毎日 1回は 「あなたはいい子よ。大好きよ」と伝えました。

        ダメな事はダメといい(他人に対して迷惑になる事)ました。

        はっきり「○○で困っている」と伝えました。

        たまに、自分(私自身)のコントロールができなくて

        「これだけやってるのに」と、思い腹がたつことがあります。

        感情的にもなり、口けんかもします。

        親子ですから、子どもに甘えがあるのだと思います。

        親子だから、許さているんだな~と思います。

        お互いさまとも思います。

        子どもと向き合い、話を聞き、喧嘩もして・・・

        登校拒否から もう、10年。

        「もう大丈夫」と思えるようになりました。

        丸ごと信じることができるようになりました。

        子どもは、

        まだまだ苦手なことがいっぱいありますが、

        いろんな体験を積み、

        いろいろな人との出会いもあり

        自分から行ける場所もでき

        本を読んだり、スマホで検索したりして、情報を得て

        自分なりに考えて行動しています。

        そして、なにより

        自分のことが見えてきて

        将来の夢ができました

        自立まであと1歩。

        人とうまく付き合えなくて、精神的にダメージを受け

        感覚過敏でも辛い思いをしてきた我が子の自立が

        近づいてきました。

        今は、少しずつ私が、子離れの練習をしているところです。


                たんぽぽより


      
19 : 54 : 44 | 親の心 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2015 / 04 / 09 ( Thu )


         子どもの心が不安定になり 不登校になったら、

         病院に行って、お薬もらって・・・

         ひきこもらないようにどこか行けるところを探して・・・・

         ハラハラしてライラして、落ち込んで・・・。

         親は悩みますよね。


         お薬やカウンセリングだけでは子どもの心は元には戻りません。

         他人の力だけでは、元には戻りません。

         親の力が必要です。

         親のせいではない・・・不登校

         親のせいではありませんが、

         親が子供に向き合い、寄り添い

         本心を聴くことで

         子どもの心が上向きになるように思います。



         傷ついた心は、癒えるまでに、時間がかかります。

         子どもが傷ついた期間の3倍くらいは・・・

         その間

         子ども自身が自分のことを語れるようになるまで

         信じて待って

         子どもと向き合い寄り添うことが必要です。

         それができるのは、

         子どもが一番安心する相手であり、甘えられる相手です。

         そばにいる親の力が必要なのです。

         落ち込む前に、

         子どもと話をしてみてください。

                       たんぽぽより





          
         

        
19 : 27 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
不登校の理由から
2015 / 04 / 09 ( Thu )
    
         

         「学校が嫌い!」

         「友達が意地悪!」

         「先生がテストを受けろと言う!」

         「周りの人との会話についていけない。」

         「なぜ、学校に行かないの?」と聞かれる。

         「周りがうざい!」
 
         「テストで何人以内に入らないと・・・」

         「何も考えたくない」

         「ただなんとなく」

        
         不登校になった理由

         いろいろありますが、

         子どもの声から、

         大人が(親や学校の先生)考え、改めないといけないこと

         たくさんあるように思います。

         子どもが困っていること

         子どもが悩んでいること

         子どもの心のほんとの気持ち

         わかっていますか???        
         

         集団ではなく

         こどもひとりと向き合うこと

         大事にしていかなきゃね!!

         と、私は思う。

                         たんぽぽより
            
         

         
19 : 05 : 32 | 子どものこころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
わたげの広場  始まりました。
2015 / 04 / 09 ( Thu )


    4月7日(火)

    わたげの広場(学習支援室)新年度の始まりました。

    高校生2人・小学生1人の参加。

    今週金曜日は、

    都合によりお休みします。

           たんぽぽより


18 : 51 : 04 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お花見に行きました!!
2015 / 04 / 09 ( Thu )
     

           P1090211 - コピー


           P1090212 - コピー

       
        3月31日  竜王公園にて  お花見をしました。

        参加したのは、

        幼児2人・小学生4人・中学生1人・高校生2人・新社会人2人

        大人12人の23人でした。

        かくれんぼやバトミントン・卓球・人狼ゲーム・じゃんけんゲームなどをしました。

        満開の桜の花の下でお弁当も食べ、

        楽しくすごしました。


                              たんぽぽより


14 : 36 : 40 | わたげの交流会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春ですね。
2015 / 04 / 09 ( Thu )
    

                       我が家の庭の花たち         

        P1090247 - コピー
            もっこうバラ  もうじき咲きます。

         P1090242 - コピー
            アシュガ   紫色が大好きなので。

          P1090237 - コピー
            ツルにちにちそう


          もうすっかり  春ですね。

          今日は少し肌寒いですが・・・。

          もうじき バラが咲きます。

          そうそう

          今年初めて、うぐいすが庭に来て鳴いています。

          まだ、ほけきょとは鳴けないのですが・・・

         

          他に、すずめ・鳩・ひよもやってきます。

          それから、何の鳥かわかりませんが、白地に黒の鳥が

          2年くらい置いている巣箱に

          せっせと苔のようなものを運んでいます。


             P1090236 - コピー
             この巣箱です。
             警戒するので、鳥は映っていませんが・・・。

            癒されてま~す  
           

                      たんぽぽより





          

          
14 : 22 : 36 | ほっ!と一息 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
総会をしました。  3月26日
2015 / 04 / 09 ( Thu )

  3月26日  10:00~  中区福祉センターにて

  H26年度 総会を行いました。

  26年度の行事報告や会計報告後

  今年度の 中3生と高3生の卒業式と

  ペットボトルのキャップとプルタブ集め活動を

  この1年かけてしたので、

  福祉センターの職員の方にお渡ししました。

            P1090173 - コピー
            「たくさん集めて下さり、ありがとう」の言葉をいただきました。


    26年度は、中学生2人・高校生1人の卒業です。

    中学生は、通信制高校・特別支援学校に

    高校生は、大学をめざし、勉強をしていくという進路が決まり

    それぞれ、自分の決めた道に

    わたげのように飛んでいきました。

    今までの体験や学習を通して学んだことを

    これからに活かしていってほしいと思います。

     頑張りすぎずほどほどに。

                    たんぽぽより




    

            

  

  
13 : 48 : 35 | たんぽぽの会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |