FC2ブログ
わたげの広場 1月の予定
2013 / 12 / 28 ( Sat )
   1月のわたげの広場は、7日火曜日からです。

   2:30~4:30

   場所は、中区福祉センターです。

   毎週 火曜・金曜 わたげの広場を実施しています。

   保護者相談もあります。

   わたげの広場では、

   学習支援(ほぼマンツーマン)やゲーム(将棋・トランプなど)をしています。

   たんぽぽの広場では、保護者同士で情報交換や

   相談会をしています。

   その他で、いろいろな体験活動を実施しています。

   1月の活動は、

   21日 火曜日

   清掃ボランティア活動を実施します。

   1:30~ 

   
   お問い合わせは

   080-1909-9612  尾原まで
   

   

      

   
   

   
スポンサーサイト
19 : 40 : 31 | 広場の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お好み焼きパーティー
2013 / 12 / 26 ( Thu )
  12月26日(木) 今年最後のわたげの広場 交流会

   ゆいぽーとの生活実習室にて、

   お好み焼きパーティーをしました。

   幼児・小学生・中学生  6人 ・大人 10人  合計 16人

   の参加でした。

   小学生も中学生も自分の食べるお好み焼きは、自分で作りました。

  
   
          P1060240 - コピー


          P1060250 - コピー

          P1060253 - コピー
              包丁さばき~上手でした!!

          P1060262 - コピー

          P1060269 - コピー

          P1060272 - コピー
             
             お好み焼きができました!おいしかったで~す^^

          お好み焼きを食べた後、
          みんなでゲームをし、ゲーム終了後、
          将棋をしたり、レゴ遊びをしたり、トランプをしたり、
          ジェンガをして遊びました。

          P1060296 - コピー

          P1060310 - コピー

          P1060303 - コピー
 
           楽しかった~

          みなさ~ん、よいお年を!!

                                  たんぽぽより
   
23 : 43 : 45 | わたげの交流会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お好み焼きパーティー&ボランティア活動についての話し合い
2013 / 12 / 24 ( Tue )
   12月24日 (火)   クリスマス・イブ

     わたげの広場で、26日、お好み焼きパーティーをします。

     今日は、事前交流会で

     当日の役割の話し合いをした後、

     ボランティア活動をわたげの広場に参加している人たちで

     できないか?を話し合いました。

     参加したのは、高校生3人・中学生1人・小学生1人・大人5人
                         
     
      P1060220 - コピー

     ボランティア活動は、高校生のS君が、
     
     本当は、東北に行って、何かできる事はないかな?
     
     と、考えていたのですが、東北は遠いので、身近なところからはじめ
     
     られないだろうか?と提案があったので、話し合うことになりました。
     
      わたげの広場に参加している人で、ボランティア活動ができないだろうか??
     
      できることは何だろう?

     の内容で、話し合いました。

     話し合いの結果

     ボランティア活動をすることになり

     ① 清掃活動をする

     ② 介護施設で、高齢者の方とかかわる。

     ③ ペットボトルのキャップ集め・プルトップ集め

      ①と③は1月から 始めることとなりました 

      清掃活動について、内容を決めるため、中区役所や市役所に行き
      
      クリーンボランティア支援事業を知りました。
      
      高校生の S君が
      
      「ボランティアをすることは、手続きなどいろいろと大変なんですね。」
      
      と、言っていました。
      
      市の職員さんに話を聞いたり、清掃場所をどこにするのか
      
      考えたり・・・クリーンボラ支援事業の申請をしたりと
      
      しないといけないことが、たくさんありました。
      
      社会勉強になりましたね。^^
      
      1月・・・1回目のボランティア活動をします

           楽しみです!!

      
      

             たんぽぽより
          

     

     
21 : 41 : 09 | 広場の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
12月22日の講演会
2013 / 12 / 24 ( Tue )

    12月22日  広島県の男女共同参画をすすめる会主催

          「性と生を考える」
           ~思春期の子どもの性について学ぶ~

           講師 河野 美代子氏  (河野産婦人科クリニック院長)

        河野先生のお話はぜひ聞いてみたい!と思っていたので、

        リプルのNさんに教えていただいたとき、

        「うれし~い!」とメールを見ながら、叫びました。

        不登校の娘に、性のことについてどう伝えようか
 
        悩んでいた矢先でしたので。

        河野先生のお話を、子どもに聞かせる???

        どうしようかと迷いましたので、

        子どもに聞いてみることに。

        「この講演会行ってみる??」

        「そうだね、行ってみるよ。」

        で、一緒に河野先生のお話を聞きに行きました。

        
        河野先生は、本当に大切なことを

        性を通して教えてくださったように感じました。

        命の大切さ、女性のこころ、生活、責任・・・

        先生の命に対する深い愛情を感じ・・・涙・涙でした。

        娘の感想は、

        「今、子育てしている人や同世代の人たちに聞かせたい話だった。
         
         聴いてよかった!」と言っていました。

         大切なこと・・・伝わったと思います。

         河野先生に 感謝します。


        不登校していると、性教育をされないまま成長するので、

        性教育をしないとまずい!

     
        でも、どう話そうかと・・・思っていたので、

        ありがとうございました。

        (学校に行っていても、性教育は中途半端なので、

        講演会 参加していたと思いますが)

                  たんぽぽより

        

        

        


        

                 
00 : 28 : 49 | 勉強会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
12月21日の講演会
2013 / 12 / 23 ( Mon )
  12月21日   少年非行対策セミナー
         非行少年の背景を考える

         講演 「つまづき・寄り道、回り道」
            ~元非行少年からの提言~

         講師 フジゼミ 代表取締役 藤岡 克義氏

      このセミナーに行ってきました!!

      フジゼミといえば、志賀先生がいらっしゃるところ

      そこの社長さんのお話~
      ご自分の経験から、フジゼミを設立。
      フジゼミでは、元非行少年やひきこもりの人たちに
      高校認定試験や高校・大学受験の指導を行っておられます。

      お話の中から、非行問題は、親のサポートが必要で
      非行から立ち直るには、年齢(時間)と社会経験が必要。
      その間、親を支えてあげること。
      その言葉に共感しました。
       
       不登校の我が子と向き合って、7年。
      子どもの将来を心配し、悩み、イラつき、だんだんとあきらめ、
      時には、子どもを叱り
      時には、一緒に泣き
      時には、世間に対して冷たいと感じ
      時には、子どもと真剣に話し合い 
     
      今やっと、子どものことを認められる親になった?
      いや、そうではなくて、子どもが成長して、
      安心して見守れるようになったのだと思う。

      その間、私の周りにたくさんの理解してくださる方が
      いてくれて、たくさんの出会いがあったからだと思う。
      その方たちに感謝しています。

      藤岡さんの講演で、子どもとのこと振り返りながら
      私は、ほんとに恵まれていて、良かったと思いました。
      ありがとうございました。

            たんぽぽより

      
      
      
22 : 58 : 14 | 勉強会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
個性をとるか?  普通に合わせるか?
2013 / 12 / 09 ( Mon )
   
  
  ある男の子と話して思ったこと。

    その子は、小学校時代 ほとんど 教室に入れず

    保健室登校を 6年間過ごした人で、

    中学生になってから、教室に入り

    普通に中学生をしている。

    現在 中学3年生

    その子と話す機会があり、

    こんなふうに話してくれた。

    「小学校の頃、頭の中で いろんな考えや疑問が浮かび

     そのことにとらわれて、教室に入れんかった。

     たとえば、人は何故 生まれてきたのか?

     と考え始めたら、いろんなことを思い

     結局 答えは見つからんかった。

     だから、考えることをやめたんだ。

     そしたら、教室に入れるようになった。

     適当に人と話せるようになった。

     でも、考えることをしなくなったので、

     勉強もできんようになった。

     今は、勉強が手につかん。」

    小学校の時、彼は計算が早く、算数が得意だった。

    いろんなことを考えられる人だった。

    私は、「これは、彼の才能だ」と思っていた。


    でも、普通に合わせることを選んだ彼は、

    考えることをやめた。

    彼が持っていた才能の一つが消えて、見えない。

    普通に合わせることが、いいことなのだろうか???

            
                      たんぽぽより
       

    

    
21 : 59 : 04 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子どもが不登校になった時 親にできること
2013 / 12 / 08 ( Sun )

     ☆ 外に連れ出すこと  散歩やベランダでもいい 

       お日様の光を浴びさせること。

     ☆ 学校は、子どもが行きたくなるまで行かなくていい

       と、思うこと。

       行かせたい オーラが出ていると 伝わります。

       
     ☆ 家以外・親以外で安心できる居場所や話せる人を探すこと

     
     我が家で実践してきたことです。

     最近 不登校の娘から、 

     「お母さんがいなかったら(寄り添ってくれなかったら)

      私は、今頃 ひきこもりになっとったわ」

     と、嬉しい一言。 

     今、娘は 国公立高校をめざし 頑張っています。  

   
                 たんぽぽより     
00 : 00 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子どもが一番辛いこと
2013 / 12 / 07 ( Sat )

   不登校になった原因の一つに

   授業がわからない

   真面目に 聴いているのに・・・

   真面目に 板書しているのに・・・

   理解できない

   すぐに 忘れてしまう

   先生に 当てられないか びくびくして・・・

   わからないのに じっと座っている

      

   子どもにとって一番辛いことなんです。

   わかりたい・・・勉強したい

   そう思っているのに。

      

   学校って 何なんでしょう??

   わからない人に わかるように教えるところでは
  
   ないんでしょうか???

  
 
   学習のペースや理解力は、子どもによって違います。

   子どもひとりひとりに対応した教育を受けることが

   学習する権利なのではないかと思うのですが、

   違うのでしょうか???

   
   授業がわからないのに、じっと座っている子どものこころ

   考えたことがありますか???

   「学校に行きたくない!」

   
   これって、子どもの責任ですか???

            たんぽぽより
   

   

   
23 : 17 : 32 | 子どものこころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ボランティア活動
2013 / 12 / 07 ( Sat )
 
 わたげの広場に参加している 高校生が

 なんと、ボランティア活動をしたいと言い出しました。

 そこで

 わたげの広場に参加している子どもたちの話し合いを

 実施することとなりました。

 12月24日(火) 14:30~

 子どもたちだけでできるボランティア活動について

 金曜日と牧場体験などで スタッフとして 子どもたちの

 話し相手になってくれている D.H 君と 言いだしっぺの

 高校生をを中心に、話し合いを行います。

 楽しみ 楽しみ

             たんぽぽより
 

 

 
22 : 49 : 03 | 子どものこころ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |