FC2ブログ
さおり 体験しました
2017 / 02 / 09 ( Thu )

           IMGP0123 - コピー


            IMGP0106 - コピー


            さおり 体験をしました

            さおりはどんな織り方をしても

            どんな素材の物を入れても

            どんな色を使っても

            1色でも 何色か混ぜてもいい

            羊毛や まとめた糸を入れてもいい

            規則のない 自由な

            その人の感性で 織れる

            だから 失敗はないし

            競争もない

            その人自身の感性が

            そのまま出て 認められる

            世界に1つしかないものができるし

            そのままでいい

            健常者も障碍者もない

            誰でも 同じ

            そのままでいい


 

            広島市横川駅の前にある

            SAORI広島での体験

            安心安全な場所

            ほっと一息できる場所でした

            
            参加したのは

            高校生 4人 小学生 1人 と 大人1人

            それぞれ 個性的な作品

            その人らしい さおり ができました。

               IMGP0146 - コピー

IMGP0144 - コピー


               IMGP0142 - コピー


               IMGP0085 - コピー


               IMGP0084 - コピー

               IMGP0138 - コピー


                
           SAORI広島のスタッフの皆さん

           おせわになり

           ありがとうございました

           感謝します ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

たんぽぽより

               

                  あなたは あなたのままでいい💛

                  ありがとう♡

                  そのことを実感できた1日でした

                  感謝です  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


IMGP0130 - コピー


                 

                

                  
スポンサーサイト
20 : 26 : 53 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たんぽぽの会のイラストを作成
2016 / 04 / 29 ( Fri )
            

              たんぽぽの会に参加している 高校生が

              イラストを描いてくれました。


                   EPSON022.jpg


                   EPSON025.jpg
            
 
                   EPSON023.jpg

                                                                    
                   EPSON020.jpg
                   EPSON019.jpg
  
                  シールにして広島市の母親大会の

                  バザーでデビューします  


                          たんぽぽより





                
               

                          
13 : 33 : 53 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
出る杭 もっと伸びよ
2015 / 05 / 28 ( Thu )


           今朝の新聞から

           「出る杭 もっと伸びよ」を読んで。

            エジソンのように突出した才能を持つ子どもは、

            コミュニケーションが苦手だったり、興味が優先したりで

            学校の集団教育になじめない人が少なくない。

            そうした小中学生を世界のトップランナーに育てる

            取り組みが昨年から行われているという記事。

            この取り組みが、もっと広がって、

            各市町村にその子たちが通える「学校」が

            できるといいな~と思います。

            ギフテッドの子どもたちの才能を

            つぶしてしまっている現状・・・もったいない。

            才能をとるか、環境適応をとるか・・・

            枠にはまらない子どもを

            枠にはめさせようとするのは、

            子どもにとって、幸せなことかどうか???

            今の支援は、学校環境に適応させるためのもの・・・

            ちょっと違うのでは???と思う。

            学びの多様性~必要です。

           
                              たんぽぽより






12 : 33 : 01 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ギフテッドについて
2015 / 04 / 23 ( Thu )

        ギフテッド  ~子どもの才能~

       ギフテットとは?

        昔は、IQ130以上を基準だったらしいのですが、
        現在では、IQだけでは知ることができない
        知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、
        特定の学問分野で高い達成能力を持ち
        その能力を十分に発達させるために
        学校以上の教育と活動を必要とする
        人のこと。
        
        学業ばかりでなく、スポーツや芸術面での才能に
        優れていることが多い。
        
        年齢のわりに語彙が多く、
        記憶力・集中力が非常に高く、すぐに物事を学ぶことができる。

        刺激に対する並ならない反応(OE Over-Excitabilities 過度激動)
        神経の感受性が増すことによって通常の人間よりも刺激を生理的
        に強く経験する性質。
        他者が気づかない音や光、触感などの刺激
        から、不安になったり、興奮したりする。
        この思考と感受性の高さが、教室などで問題行動として
        現れることがあります。

        知的発達の違いから、同年齢の子供との交流が
        難しく感じられる場合があります。
        周りの子供達が理解に苦労している概念を、
        すでに習得しているギフテッドチャイルドの振るまいが、
        他人を受け入れないように見えるかもしれません

        自閉症スペクトラムとよく似ているが、
        ギフテットは障害ではない。
        (障害を併せ持った2Eの人もいます。)

        勉強ができるだけが、ギフテッドではない。
        学校の評価は、悪い場合がある。
        (物理学者のアインシュタインは、
        小学生のころ算数は1だったとか)

        また、一般社会的な生き方から破滅的に離れることで、
        精神病や自殺を引き起こす可能性もあるが、
        一般的な受身の人生から積極的に離れ、自分から更に高いレベル
        の生き方を求め、独創的な生き方をする人もいる。
        しかし、その過程は、緊張、不安、気分的うつ、恥、罪悪感といった
        精神的苦痛を伴う。
        精神的苦痛は、心理的により高いレベルへ成長するために必要
        であり、その深い感情作用を最大にもたらすものはOE(過度激動)である。

        たとえば高い知覚性OEを持つギフテッドは、外界からの刺激に対して
        非常に敏感で、五感のいくつかが働きすぎて作業に集中できないため
        混雑や混乱した環境を避けようとする。
        一方、知覚性OEが低く、妨害をすべて遮断して作業や思考に集中でき、
        むしろ五感への刺激が存在するど真ん中に身を置くことを好み、
        その状況下で上手くやっていけるギフテッドもいる。
        
        OEが強いほど、毎日の生活が強烈な体験となる。

        日本には、ギフテッド教育はない。
        自閉症スペクトラムと診断された人の中に
        ギフテットの人がいると思う。
        生まれた時から授かっている才能を伸ばす
        ギフテッド教育~必要ではないだろうか!?


                 たんぽぽより






        


        
22 : 31 : 44 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「学ぶ」ということ
2015 / 04 / 20 ( Mon )


      「学ぶ」ということは

      自分がやりたいことや夢に向かってする勉強のことで、

      学校や周りの人からの刺激で勉強することを

      「学習」するというそうです。

      子どもが

      周りの刺激でへとへとになるより

      自分のことを知り、

      どんな仕事をしたいか

      どんな人間になりたいかを考えて

      そのために学んでほしい。

      周りの人の期待に答えて

      良い成績をとるために勉強するのではなく

      自分のための「学び」をしてほしい。


      学校や親もそう考えてくれたらいいな~と思う。

      子どものために。


            たんぽぽより

         「普通の親ではない」のだそうだ私は・・・。

         誉め言葉だよね!?  
      

      

      
       

       
       

       

       

      
    

      

        

      
22 : 28 : 17 | 子どもの才能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>